はさマンモスの評判・口コミは?子供のドア指はさみ防止に効果があるか調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はさマンモス 他製品との違い

赤ちゃんは、生まれたばかりの頃は自分で動くことができず、ベッドの上から自分で移動したりはしません。

私の家の子どもも、ほんの3か月ほど前までは寝てばかりでした。

そんな子が5か月を迎えた今、寝返りはするわ、ずり這いはするわで、かなり自分の意志で動くようになりました。

慌てて床にあるものを全部上にあげ、だいたい50cmの高さ以下には子どもの口に入りそうなものを置かないようにしました。

ハイハイしたり立ったりする頃にはもっと家をきれいにしておかないとな、と漠然と考えていました。

そんな時、地域の0歳児が集まる広場に参加しました。

あるママさんの子どもは、今まで寝返りしかしなかったのに、急につかまり立ちをしたそうです。

「まさかまだ立たないだろう」と何も準備していなかったタイミングで、子どもがつたった先に扉があり、指をはさんでしまったそうです。

幸いにも、大泣きしたくらいで大事には至りませんでしたが、その話は私にとって衝撃でした。

調べてみると、ドアに指を挟んで切断してしまった人は、なんと年間100人もいるそうなんです。

切断はしなくても、骨折などの大けがをしてしまったら、かわいそうなのは子どもの方ですよね。

そこで今回は、ドアの指はさみ防止に効果があるという「はさマンモス」について調べてみました。

実際に使用している人の評判や口コミはどうなのか、本当に効果があるのかについてまとめてみました。

  • 子どもが指を挟みそうになりヒヤッとした経験がある
  • 子どもがつかまり立ちを始めた
  • もうすぐつかまり立ち   

という方は参考にしてみてくださいね。

はさマンモスをお得にゲットできちゃうキャンペーンも紹介しますよ!

それでは早速、はさマンモスの特徴と評判・口コミから見ていきましょう。

年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】を公式サイトでチェックしてみる

はさマンモスの特徴と評判・口コミを調べてみた

はさマンモスの特徴をまとめてみると

  • 取り付け部分は、ドアのヒンジ部分(ドアノブ側の反対)で、ここは子どもの指はさみ事故がとても多い場所
  • 透明で目立ちにくく、インテリアの邪魔をしない
  • ハサミでカットして長さを調節できる
  • 賃貸では、剥がしやすいタイプのものがオススメ。

口コミ・評判の結論を言うと

  • 透明で目立ちにくく、子どもの興味を惹きにくいから、わざわざ近づかないという点が高評価!
  • 耐用年数が5年間と、子どもの指はさみ防止が必要な期間をカバーできるのもgood。
  • 価格が高い点や説明書が分かりにくいというのがマイナスポイント  です。

それでは、ここから「はさマンモス」の特徴や口コミ・評判を詳しく見ていきましょう!

はさマンモスの特徴は「しっかり指をガードするけど目立たないこと」

子どもがドアで指をはさまないようにする商品は、いくつも販売されています。

100円均一などでも、ドアに挟むタイプのグッズは売られているのを見たことがありますが、指はさみ事故が起きるのはドアノブ側だけではありません。

蝶番があるヒンジ側でも起きているのです。

100円均一で買えるような、ドアに挟みこむタイプではヒンジ側の事故は防ぐことができません。

それに、ドアが閉まらないように挟み込むタイプなので、ドアは閉まらないし目立ちますよね。

はさマンモスは「ヒンジ側」に取り付けることによって、指はさみを防止するグッズで、指はさみ防止装置の特許を取得しています。

ドアノブ側とヒンジ側の違いはこちら ↓

透明なテープ状のグッズなので、目立ちにくいということも特徴です。

こちらが、はさマンモスの写真なんですが、透明すぎてどこが「はさマンモス」部分かわからないくらいです。

トラス構造と呼ばれる山折りと谷折りで構成された三角型の形状を採用しているため、他の商品と異なり、ドアを100°まで開けることができます。

ドアを開けたときにできる、ヒンジ側の隙間部分を山りの面でカバーしているため、指や手のひらが入りません。

子どもの力ではぐっと押し込んでも指が中に入らないため、故意の指はさみも防止します。

 

はさマンモスの特徴をまとめると

  • ドアの蝶番(ヒンジ)側に取り付けるカバータイプなため、手も指も入らない
  • 半透明なので目立ちにくい
  • 取り付け後も、ドアを100°まで開けることができる
  • 指で押してもへこまない
  • ハサミで簡単にカットできるので、長さが調節できる
  • 賃貸向けの「剥がしやすいタイプ」もある  です。

良い口コミ、評判

では実際に「はさマンモス」を使った人からの評判や口コミはどうなのでしょうか?

気になるところですよね。

ツイッター投稿と、Amazonのレビューから口コミを紹介してきます。

まずは、透明で目立たないのが高ポイントとの投稿です。

こちらの投稿は途中までしか表示されていませんが、クリックして続きを見ると

「見た目違和感なく、結構丈夫。事故は起きてからでは遅いし」との投稿がありました。

そして、こちらの黄色い枠は、Amazonのレビューから、良い評判を抜粋してみました。

  • 賃貸で狭く、子どもが手をかけてしまうところにドアがあり、いつか挟んでしまうのでは…と恐れていました。
    こちらを購入し、子どもが手を挟む心配がなくなり、多少目を離しても家中を好きなだけ探索させることができるようになりました!
    価格は少し高めですが、両面テープで簡単に取り付けることができとても便利ですよ( ‘ч` )
  • とてもシンプルで簡単に取り付けることができました。
    両面テープで貼るので少し心許ない印象でしたが、実際1週間ほど使用してみても、今のところ剥がれるなどはありません。
    子どもが小さいうちは思わぬところに指を入れたりするので、少しでも危険を回避するためにはとても有効な商品だと思います。
    180センチタイプのものは、パーツ4分割されているので、他のドアにも貼り付けられるので、家にドアがたくさんある方は180センチタイプがオススメです。

引用:Amazon

やはり、目立たなくて丈夫だという声が見られますね。

お家のインテリアはこだわる人も多く、なるべくなら景観を損ねるものは置きたくないという意見もあります。

もちろん子どもの安全が第一ではありますが、できるのであれば目立たないものの方がいいですよね。

透明というところもポイントが高いようです。

たしかに、子どもは色鮮やかなものに惹かれますよね。

もし「はさマンモス」が赤色だったら…

きっと小さな子どもは興味津々で何度も触りに行くのではないでしょうか。

それに、「はさマンモス」は丈夫さも売りなんです。

持ち家などに使える、全面が強力な両面テープになっているタイプと、賃貸などにおすすめな、数か所を両面テープでとめるタイプがあります。

耐用年数は5年間、5年間もあれば子供も成長して指はさみ防止グッズも必要なくなりますよね。

ちょうどよい年数なのではないでしょうか。

悪い口コミ、評判

はさマンモスに関する、イマイチな・悪い口コミも探してみました。

ツイッターで探してみましたが、見つからなかったので、Amazonのレビューから抜粋します。

  • 説明書がわかりにくく、設置の仕方をミスっていたのか…即効折れ目から避けました。
    値段が結構高かったのに、残念です。
  • 子どもの事故防止の為に購入しました。
    取り付け説明書は文章のみで、わかりにくく戸惑ってしまったので、絵や図なども加えていただいた方がわかりやすいと思いました。
    また私の家の扉は濃い色であることと、扉を閉じた時のはさマンモスの状態から見た目が悪いように感じました。
    指挟み防止の効果は大きいだろうと思うので、子どもの様子を見ながら今後使い続けるか考えようと思います。
  • 設置説明が簡単な文章しかなく、正しい設置方法がわかりませんでした。
    図など入れてくれるとありがたいです。効果はあると思いますが、お品物とお値段が合ってない印象でした。
  • 取付時に説明書がわかりにくかったです。
    表側・裏側(ヒンジ側)と言われてもよくわからない、つける側はわかってもどのあたりに接着させればよいのか等、絵付きで説明してくれると親切だなと思いました。両面テープ失敗できないですし。

引用:Amazon

イマイチな・悪い口コミを見てみると、やはり設置方法がわかりにくいという意見が多くありました。

テープを貼るだけと言われればそうなんですが、表側や裏側という表記がヒンジのどちら側を指しているのかが難しいようです。

原因は、説明書きが簡易すぎるという点でした。

はさマンモスのホームページを調べたところ

  • 取り付け方法
  • 表用 はさマンモス、裏用 はさマンモスの画像  があったので参考にしてみてくださいね。

また、価格が高いというのも難点としてあげられています。

効果は高そう、指はさみ防止効果はありそうだけれど、どうしても単価が高すぎるという意見があります。

指はさみ防止グッズとして人気の「フィンガーアラート」と比較してみると

  • 金額(高さ180cm内側・外側):フィンガーアラートは7,000円程度、はさマンモスは5500円
  • 形状:フィンガーアラートは形が決まっているのでドアを開けておきたくても閉まってしまう、はさマンモスは山折り・谷折りになっていて自由な角度でドアを開けておける

と、金額的にも、使い勝手的にも、はさマンモスの方が良さそうですね。

我が子の「一生使う手と指」を守るため、

  • 指を挟まないよう、何かしらの対策はとらないといけない
  • ある程度しっかりしたものが良い (適切な両面テープ粘着力で剥がれにくいけど、建具を傷つけない、5年間の耐久性)
  • お手軽で安全なものが良い

ということであれば、やはり「はさマンモス」がオススメです。

子供のドア指はさみ防止に効果があるかもチェック

口コミによると、子どもの指はさみ防止効果はずいぶん高いということがわかりました。

ドアを開いたときにできる、指がはさまれそうな隙間はすべて「はさマンモス」でカバーすることができるので、正しい付け方さえすれば効果が期待できます。

特に小さい子どもは、大人が思ってもいないところに指を入れたりしますが、大人がずっと見張っているわけにもいきませんもんね。

「はさマンモス」があることによって、万が一の時の指はさみ防止になるため、安心できるというのもよい点です。

まだ販売されてからそう時間が経っていないようですが、使用者の声によると、実際に何度か危ない場面でもトラス構造の板によって子どもの指が入らず、事故には至らなかったそうです。

上の子がいる、室内で走ることが好きといった家庭では、よりその効果を実感できるでしょう。

はさマンモスの種類と選び方

はさマンモスの種類をまとめてみますね。

【はさマンモスの高さ】

  • 高さ 135センチ
  • 高さ 180センチ

【両面テープのタイプ】

  • 剥がしやすい「賃貸用タイプ」
  • 剥がれにくい「強粘着タイプ」
はさマンモス 粘着の種類

引用:

【取り付け部分の種類】

  • 表用 はさマンモス
  • 裏用 はさマンモス

はさマンモスの選び方も紹介しますね。

【はさマンモスの選び方】

  • お子さんの身長が何センチか? (目安:3歳までは135cmタイプ、4歳以上は180cmタイプ)
  • 両面テープのタイプは、剥がれやすいものが良いか?
  • 扉の表か?裏用か?

 

【はさマンモスの価格表】

はさマンモスはどこで買える?購入先やお得にゲットできる方法も!

はさマンモスの購入先は大きく2つあります。

 

調べたところ、商品の金額的には同額程度ですが、

はさマンモス公式 通販サイトには、太っ腹すぎるお得なキャンペーンが記載されていました!! ↓

ちょっと驚きですよね。

SNSに投稿したら、5,900円相当の表裏セット180cmがプレゼントされちゃうんですよ!

はさマンモス公式 通販サイトはこちらをクリック

特にキャンペーンには興味がなくAmazonで注文したい方は、こちらをクリックorタップで詳細が確認できます。

まとめ

子どもの指はさみ防止グッズとして、「はさマンモス」が注目されています。

特許を取得しているだけあって、口コミや評判を見る限り、子どもの指はさみ防止に対する効果は高そうです。

はさマンモスの特徴もまとめると

  • 取り付け部分は、ドアのヒンジ部分(ドアノブ側の反対)で、ここは子どもの指はさみ事故がとても多い場所
  • 透明で目立ちにくく、インテリアの邪魔をしない
  • ハサミでカットして長さを調節できる
  • 賃貸では、剥がしやすいタイプのものがオススメ。

口コミや評判でわかったことをまとめると

  • 透明で目立ちにくく、子どもの興味を惹きにくいから、わざわざ近づかないという点が高評価!
  • 耐用年数が5年間と、子どもの指はさみ防止が必要な期間をカバーできるのもgood。
  • 価格が高い点や説明書が分かりにくいというのがマイナスポイント  です。

子どもは思わぬ場所で大人が想像していない行動をし、最悪の場合取り返しのつかないケガをすることもあります。

子どもの安全が少しのお金で買えるのであれば、「はさマンモス」を利用してみるというのもよいのではないでしょうか。

年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】を公式サイトでチェックしてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

人気の投稿とページ