映画「バズ・ライトイヤー」の動画を見るには?無料で視聴できる配信先はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画バズ・ライトイヤー動画は無料で見れる?

「トイ・ストーリー」でおなじみのバズって、アンディの人生を変えるほど大好きな<映画>の主人公だったのはご存知でしょうか?

その<映画>こそが、この映画「バズ・ライトイヤー」なんです!

〈バズ・ライトイヤー〉誕生の秘密を描く 「バズ・ライトイヤー」が7月1日(金)映画館で公開しました。直近の「私ときどきレッサーパンダ」は映画館での公開はなく配信だけでしたので、「ミラベルと魔法の魔法だらけの家」以来の映画館で見られる作品ですね。

「バズ・ライトイヤー」はおうちでいつみられるの?と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、映画「バズ・ライトイヤー」が見れる動画配信サービスを一覧で比較し、無料でフル視聴できるのか?について解説していきます!

結論から言うと、

動画配信サービス 映画「バズ・ライトイヤー」 配信有無 無料視聴期間 月額
Disney+ (ディズニープラス) × バズライトイヤーのメイキング動画が配信中 990円(税込)
U-NEXT × 31日間無料 2,189円(税込)
Hulu × 2週間無料 1,026円(税込)
Amazon × 30日間無料 500円(税込)
FOD × 2週間無料 976円(税込)
dTV × 31日間無料 550円(税込)

※2022年7月5日調べ

調べた結果をまとめると、

  • 映画「バズ・ライトイヤー」は現在映画館の上映のみ
  • バズライトイヤーのメイキング動画は既にディズニープラスで配信されている
  • Disney+(ディズニープラス)での配信時期は不明
  • 直近のウォルト・ディズニー作品の動画配信状況から、劇場公開から7週間または10週間後の配信を予想

ということがわかりました(2022年7月5日の情報です)。

それでは早速、映画「バズ・ライトイヤー」が見れる動画配信サービスの比較から見てみましょう!

Disney+ (ディズニープラス)

スポンサーリンク

【2022】映画「バズ・ライトイヤー」の動画を見るには?配信先を比較!

動画配信サービスには色々な種類があるため、どれが良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

今回は映画「バズ・ライトイヤー」が見れるVODの比較ということで、以下の判断基準を基にして選定・比較しました。

【比較する動画配信サービスの選定基準】

  • 動画配信数が多い
  • いろんなデバイスで視聴が可能(TV、PC、スマホなど)

そして比較するポイントとしては、ユーザー目線で以下のように考えて比較してみました。

【動画配信サービスの比較ポイント】

  • 映画「バズ・ライトイヤー」が配信されているか?
  • 無料お試し期間はどれくらいか?
  • 月額はいくらか?

今ではほとんどの動画配信サービスで、ダウンロードは可能になっています。

ダウンロードできると外出先でも通信料を気にすることなく動画を見ることができるので安心ですね!

映画「バズ・ライトイヤー」の配信先を一覧で比較

今回調べたのは、動画配信サービスで配信数の多い「Disney+ (ディズニープラス)」「U-NEXT」「Hulu」「Amazon」「FOD」「dTV」の6社です。

映画「バズ・ライトイヤー」の配信状況の記号は、次の基準で評価しています。

  • ◎:見放題作品
  • △:有料レンタル
  • ×:配信されていない

(↓途切れる場合は横にスクロールするか、スマホ画面を横向きにすると表の続きが確認できます)

動画配信サービス 映画「バズ・ライトイヤー」 配信有無 無料視聴期間 月額
Disney+ (ディズニープラス) × バズライトイヤーのメイキング動画が配信中 990円(税込)
U-NEXT × 31日間無料 2,189円(税込)
Hulu × 2週間無料 1,026円(税込)
Amazon × 30日間無料 500円(税込)
FOD × 2週間無料 976円(税込)
dTV × 31日間無料 550円(税込)

※2022年7月5日調べ

調べた結果をまとめると、

  • 映画「バズ・ライトイヤー」は現在映画館の上映のみ
  • バズライトイヤーのメイキング動画は既にディズニープラスで配信されている
  • Disney+(ディズニープラス)での配信時期は不明

ということがわかりました。

動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」の内容

現在、Disney+(ディズニープラス)では、映画「バズ・ライトイヤー」の配信はありません。

ですが!

↓メイキング映像『無限の彼方へ:バズと「バズ・ライトイヤー」への旅』は既に配信されています!

バズライトイヤーのメイキング動画はディズニープラスで配信中

画像引用:Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【映画「バズ・ライトイヤー」のあらすじ】
アンディのお気に入りのおもちゃバズ・ライトイヤーは、実はアンディに大きな影響を与えた映画の主人公だった。「トイ・ストーリー」で誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの原点を描く。

ディズニーランドでも「バズ・ライトイヤー」公開に合わせてバズが登場!

7月1日の映画公開日にディズニーランドに行ったのですが、ファンタジーランドのショップ「コズミック・エンカウンター」のあたりに映画「バズ・ライトイヤー」のディスプレイがありました。

東京ディズニーランドにもバズのディスプレイ

映画「バズ・ライトイヤー」で初お披露目となる素顔!?のバズ。
「トイ・ストーリ」ーのバズより、なんだかきりっとしてかっこいい感じがします。
足元にはバズ の相棒 猫型友だちロボット「ソックス」の姿もありました。

小学3年の娘がそれを見て、「バズって髪の毛あったんだね!」と一言。

いわれてみればそうです!「トイ・ストーリー」の中のバズはおもちゃのロボットですが、映画「バズ・ライトイヤー」のバズは人間。なので、髪の毛があるんですね。
あの紫の頭は、ヘルメットのインナーキャップということなのですね。

映画「バズ・ライトイヤー」は無料でフル視聴できる?

映画「バズ・ライトイヤー」は現在映画館の上映のみで配信はありません。

過去の作品のケースから、そう遅くない時期にDisney+(ディズニープラス)で独占配信されると考えられます。

現在は、映画「バズ・ライトイヤー」のメイキング映像がDisney+(ディズニープラス)で配信されています。

Disney+(ディズニープラス)で動画を見るためには月額利用料990円(税込)が必要ですが、映画「バズ・ライトイヤー」のメイキング映像『無限の彼方へ:バズと「バズ・ライトイヤー』への旅」はディズニープラスの見放題作品に含まれているため、レンタル課金なしで視聴できます。

映画「バズ・ライトイヤー」が動画配信されるのはいつから?

久しぶりに映画館でみられる作品が公開されたのは嬉しいですが、子どもが小さいうちはなかなか映画館に行くのも難しかったりしますよね。Disney+(ディズニープラス)での配信日はいつになるのか気になるところです。

そこで、直近のウォルト・ディズニー映画館公開作品のDisney+(ディズニープラス)での配信日をもとに、映画「バズ・ライトイヤー」の配信日を予想してみます。

結論としては、
2022年8月19日(金)(7週間後)

または、

2022年9月9日(金)(10週間後) 

と予想します。

米ディズニーが2021年9月に発表した内容では、劇場で独占的に公開される期間である「シアトリカル・ウィンドウ」は45日間。ただし「ミラベルと魔法だらけの家」のみ30日間でDisney+(ディズニープラス)で配信ということでした。

参考:https://eiga.com/news/20210916/12/

実際、日本での「ミラベルと魔法だらけの家」の配信は以下のとおりでした。
映画公開:2021年11月26日(金)
配信開始:2021年12月24日(金)17時(4週間後)

2021年9月以降公開のウォルト・ディズニーの主な作品を調べたものをまとめると、

作品名 劇場公開日 配信開始日 配信までの日数(日)
シャン・チー 2021/9/3 2021/11/12 70
エターナルズ 2021/11/5 2022/1/12 68
ウエスト・サイド・ストーリー 2021/12/10 2022/3/30 110
キングスマン 2021/12/22 2022/2/9 49
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 2022/1/7 3月23日 75
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス 2022/5/4 2022/6/22 49
バズ・ライトイヤー 2022/7/1

配信までの日数は、49日(=7週間)または、70日(=10週間)前後になっています。そのため、バズ・ライトイヤーも7週間、もしくは夏休みが開けた9月の10週間後になるのでは、と予想します。

その場合、

映画「バズ・ライトイヤー」配信日予想
映画公開:2022年7月1日(金)
配信開始予想:
予想1 2022年8月19日(金)(7週間後) 

予想2 2022年9月9日(金)(10週間後) 

となります。

いずれにしても、配信開始までが楽しみですね。

映画「バズ・ライトイヤー」関連動画を見るなら「Disney+(ディズニープラス)」がオススメ!

映画「バズ・ライトイヤー」のメイキング映像が配信されているDisney+ (ディズニープラス)は、作品ラインナップが豊富のため、おすすめの動画配信サービスです。

スポンサーリンク

家族みんなでディズニープラスの映画やアニメなどの作品を楽しみましょう。

メリット1.「トイ・ストーリー」シリーズも全作視聴可能!

Disney+(ディズニープラス)では「トイ・ストーリー」シリーズが1~4まで配信されています。

トイストーリーシリーズはディズニープラスで配信中

画像引用:Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

Disney+ (ディズニープラス)では「トイ・ストーリー」シリーズも見放題作品に含まれているので、レンタル課金なしで作品を楽しむことができます。

さらに、関連作品も豊富にそろっているので、トイ・ストーリーの世界を満喫できますよ。

【トイ・ストーリー関連作品】

トイストーリー関連作品はディズニープラスで配信中

画像引用:Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【トイ・ストーリー4のフォーキーのショートムービー】

トイストーリ4のフォーキーショートムービーはディズニープラスで配信中

画像引用:Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【「トイ・ストーリー」シリーズ一覧(見放題作品)】

  • トイ・ストーリー
  • トイ・ストーリー2
  • トイ・ストーリー3
  • トイ・ストーリー4
  • 無限の彼方へ バズと「バズ・ライトイヤー」への旅
  • ボー・ピープはどこに?(ディズニー+オリジナル)
  • フォーキーのコレって何?(全10話)(ディズニー+オリジナル)
  • ハワイアン・バケーション(短編)
  • ニセモノバズがやって来た(短編)
  • レックスはお風呂の王様(短編)
  • トイ・ストーリー・オブ・テラー!(短編)
  • トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(短編)

【Disney+ (ディズニープラス)で視聴可能なディズニー&ピクサー最新映画(見放題作品)】

  • ミラベルと魔法だらけの家
  • 私ときどきレッサーパンダ
  • あの夏のルカ
  • ラーヤと龍の王国

【Disney+ (ディズニープラス)の人気作品】

  • アナと雪の女王
  • トイ・ストーリー
  • モンスターズ・インク
  • スター・ウォーズ
  • アベンジャーズ

ディズニープラスでは、スターウォーズ・マーベルなど子どもだけでなく大人も楽しめる作品がたくさん配信されています。

まだまだ新型コロナウイルスの流行が続いているため、お家時間を快適に過ごすためにも「Disney+ (ディズニープラス)」への登録を検討してみてくださいね!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイトで作品ラインナップをチェック

メリット2.子どもの使用も安心なペアレンタルコントロール

Disney+ (ディズニープラス)には安心して子どもが視聴できる「ペアレンタルコントロール」と「キッズプロフィール」があります。

ペアレンタルコントロールとは、小さな子ども専用のプロフィールを作成することで、子ども向け作品だけが表示され安心安全に楽しめる機能です。

Disney+ (ディズニープラス)の年齢制限はG、PG、12+、15+、18+と細かい設定がされています。

設定した年齢制限を超える番組や映画は、検索結果を含めてDisney+の画面上に表示されません。この設定があれば子ども向けに安心して利用できますね!

視聴制限 年齢制限 備考
ペアレンタルコントロール G、PG、12+、15+、18+ 全視聴者、保護者による指導・助言、12歳以上、15歳以上、18歳以上
キッズプロフィール 小さな子どもに適した作品のみが表示される わかりやすくデザインされた操作画面

動画配信サービス大手U-NEXTでも指定できるのは、「R指定=18歳以上」だけなので、ディズニープラスはより安心ですよね。

 

1つのDisney+アカウントで最大7つまでプロフィールが作れるので家族ひとりひとりのアカウントがつくれます。

作品によっては視聴にひと工夫が必要

こどもの見るようなアニメでも、昔の作品には喫煙シーンがあるものも。そういう作品もキッズプロフィールでは非表示になります。

それらの作品を見るときには、親のアカウントに切り替えたりちょっとした工夫が必要になります。

正直、すこし面倒にも感じますが、そこまで子供を守ってくれるのがキッズプロフィール。
子どもがひとりで操作してしまっても、怖いもの、大人が心配するものは見られない、安心できる制限ということですね。

1つのDisney+アカウントでどこでも見られる!

これまで使用可能だったデバイスに加え、Xbox、プレステなどのゲーム機やAmazon Fire TVもDisney+ (ディズニープラス)で使用可能になりました。

公式サイトでは、1アカウントあたりの使用台数の制限などがわからなかったので、Disney+ (ディズニープラス)ヘルプセンタ―のチャットで聞いてみました。

私どもディズニープラスは、一つのアカウントで最大七つのプロフィールを作成することができ、同時に4つのデバイスで動画再生を行うことが可能なサービスでございます。
Disney+カスタマーサービス
Disney+カスタマーサービス

スマホ、タブレット、テレビと家にあるいろいろなデバイスで見られるように設定したいですよね。
5つ以上のデバイスを使う場合の制限はあるのか、についても聞いてみました。

ログインできるデバイスの数に制限はございません。 同時に同じ動画を再生される場合に四つまでという制限となります。 このため、ほかのデバイスをご利用されるためにログアウトする必要はございませんのでご安心くださいませ。
Disney+カスタマーサービス
Disney+カスタマーサービス

これなら家じゅう、家族みんなのデバイスに視聴設定ができますね!

お出かけ先や外食のときにも、パパ・ママのスマホやタブレットでささっと見せられるのはメリットが大きいですね。

メリット3.ディズニー映画・動画が見放題!年間契約だと2ヶ月分オトク

Disney+ (ディズニープラス)では、子どもが大好きなアニメや映画から、大人も夢中になる海外ドラマまで楽しめる動画が豊富!

ディズニー、ピクサーはもちろん、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作に加えて、スターブランドのドラマや映画が見放題。

Disney+ (ディズニープラス)

オリジナル作品も充実。そしてディズニーの最新映画などの独占配信など、ディズニープラスならではの充実の作品ラインナップになっています。 

子どもが小さいうちは映画館に気軽にいきづらくて、見たい映画も見逃してしまうこともままること。Disney+(ディズニープラス)があれば、最新映画がどこでも楽しめて、時間がなくても、細切れで見ることも可能です。

そして、古い作品や、短編アニメ、未公開シーンなどのボーナスコンテンツもあり、ディズニー好きにはたまりません。

海外のテーマパークのショーも見られるのは、うれしいですね。

ただ、申込みには注意が必要です!

申込みは2通りあり

①公式サイトから

②ドコモから 

と次の表の通り、「料金プラン」と「申込みの起算日」が異なります。

入会方法 月額 年額 請求
公式サイトから 990円(税込) 9,900円(税込) 月額:毎月入会日と同じ日付での料金請求
年額:翌年の入会日と同じ日付で料金請求
(いつ申込してもOK!)
ドコモから 990円(税込) 設定なし 契約月は契約日からの日割り計算
翌月以降は1日から末日までの1か月分の料金
(月初がオトクなので、月初以外はタイミングを待ちがち)

公式サイトからの入会では、年間契約プランがあり、2か月分もお得になります。これは大きいですね!
また、契約期間も月単位ではなく、契約日が基準になっています。月末月初を気にせず、柔軟に契約できるのも大きなメリットです。

↓ 年額プランはこちらから

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

事前に入会・解約方法もチェックしておけば、バタバタせず手続きできるので、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

残念なところは読み込みが遅いこと

Disney+ (ディズニープラス)っていいところばっかりなの?と疑問を持つ方もいると思いますので、使ってみて感じて一番残念なところもお伝えしますね。

私が利用したことのある動画配信サービスは、アマゾンプライム、U-NEXT、DAZN、RakutenTVと結構利用している方だと思います。

特に利用しているのはアマゾンプライムビデオなんですが、比較するとDisney+ (ディズニープラス)の「起動」も、作品を選択した際の「読み込み」も遅い印象。

ただ、我慢できないほどの遅さではなく数秒待てば解決できるものなので、ディズニー作品を見たい気持ちと天秤にかけると「ディズニー見たさ>遅さ」と、まぁ許容範囲なのも正直なところです。

まとめ

今回は、映画「バズ・ライトイヤー」が見れる動画配信サービスを一覧で比較し、無料でフル視聴できるのか?について解説しました。

これまでをまとめると

  • 映画「バズ・ライトイヤー」は現在映画館の上映のみ。
  • バズライトイヤーのメイキング動画は既にディズニープラスで配信されている。
  • Disney+(ディズニープラス)での配信時期は不明。
  • 直近のウォルト・ディズニー作品の動画配信状況から、劇場公開から7週間または10週間後の配信を予想

ということが分かりました(2022年7月5日の情報です)。

Disney+ (ディズニープラス)は、子どもも大人も夢中になれる作品が多数配信されています。

Disney+ (ディズニープラス)公式サイトで作品ラインナップをチェック

Disney+ (ディズニープラス)

↓ 年額プランはこちらから

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。