動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」を2週間使った体験レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ディズニープラス」公式サイトトップ画面

こんにちは!私は2歳の子どもをもつママで、毎日子育てに奮闘しています。

子どもも少し長めのお話しを楽しめるようになってきたため、ずっと気になっていた「Disney+ (ディズニープラス)」に先日入会しました。

ディズニーやピクサーなどの作品が数多く配信されている「ディズニープラス」ですが、子どもだけでなく大人も楽しめる要素が盛りだくさん!

今回、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」を2週間使ってみた結果

  • 見放題作品がほとんどなので、レンタル課金しなくても色々な作品が楽しめた
  • 無料お試し期間がたっぷり31日間あるため、見放題作品なら実質無料(一部レンタル課金が必要な作品あり)
  • 子どもはディズニーアニメ、大人は実写映画やドラマ、オリジナルの音楽番組など家族みんなでサービスを活用できた
  • スマホやタブレットでも視聴できるため、外出先での子どものぐずり対策にもぴったり

と、子どもだけでなく大人も大満足のVODでした。

まずは、私が「ディズニープラス」に入会しようと思った理由からお話していきますね。

スポンサーリンク

私が動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」に入会した理由

ディズニーなどの作品をお得に視聴したかったから

2歳の私の子どもはミッキーやプーさんが大好きで、ディズニープラスに入会する前は、YouTubeのディズニー公式チャンネルで配信されている「ミッキーマウスクラブハウス」を見せていました。

でも、YouTubeでは「ミッキーマウスクラブハウス」などは1話しか配信されていないため、同じお話しばかりだと子どもも飽きてしまいます…。

「ディズニープラス」の作品例

子どもに大人気のディズニー・ピクサー作品が見放題の「Disney+(ディズニープラス)」は、ミッキー・プーさんが大好きな我が子にぴったり(一部レンタル課金が必要な作品あり)!

他の動画配信サービスはディズニー・ピクサーなどの作品はレンタル課金が必要なことがほとんどなので、ディズニープラスだとお得に作品を楽しむことができましたよ。

※参考としてAmazonプライムでは、「ミッキーマウスクラブハウス」を見るのに1話:500円(税込)の課金が必要でした(2021年5月15日の情報です)。

「Amazonプライム」ではミッキーマウスクラブハウスが配信中

大人もディズニーなどの作品を視聴したかったから

私はもともとディズニー・ピクサーの映画が大好きで、テレビで映画が放送されたときは毎回欠かさず見ていました。

でも、ディズニーやピクサーの映画は放送される頻度も少ないため、「自分の見たいときに作品を楽しみたい!」と思ったことも…。

DVDをレンタルすることも考えましたが、子育てや家事に追われているとゆっくり見る時間を作るのが難しいですよね。

「ディズニープラス」実写化映画

子どもがディズニー作品に興味を持ったことが入会に至った1番の理由ですが、私自身が映画や実写ドラマなどを楽しみたいという気持ちもありました。

普段ディズニー作品に興味がない私の旦那も、「マレフィセント2」や「美女と野獣」などの実写映画を見たいと言うほどです。

ディズニープラスは子どもだけでなく大人も楽しめる作品がたくさん配信されているため、家族みんなでサービスを活用することができますよ!

月額利用料や配信作品、使いやすさも検証してみた!

コスパは良い?

子ども向け番組やアニメ、ディズニー作品を配信しているVODは「Disney+(ディズニープラス)」以外にもあるため、どれがいいのか分からないという人もいますよね。

今回はディズニーやピクサーなどの作品を配信している以下の4つのサービスと、無料お試し期間や月額利用料を比較してみました。

  • U-NEXT
  • Amazonプライム
  • TSUTAYA TV
  • dTV

【ディズニー作品を配信しているVODの比較表】

動画配信サービス 無料視聴期間 月額 配信動画本数 ダウンロード可否 ディズニー作品のレンタル課金について
Disney+ (ディズニープラス) 31日間無料 770円(税込) 非公開 ほどんどの作品が見放題(一部レンタル課金が必要な作品あり)
U-Next 31日間無料 2,189円(税込) 約14万本 レンタル課金が必要
Amazon 30日間無料 500円(税込) 約6.7万本 レンタル課金が必要
TSUTAYA TV 30日間無料 1,026円(税込) 約3.2万本 レンタル課金が必要
dTV 31日間無料 550円(税込) 約12万本 レンタル課金が必要

ディズニー作品を配信しているVODの一覧表をまとめると、

  • 「Disney+(ディズニープラス)」は、配信されているほとんどの作品が見放題(新作映画はレンタル課金が必要なことあり)
  • 動画配信本数が最も多く、子ども向け番組・アニメも配信しているのは「U-NEXT」
  • 月額利用料が1番安いのは「Amazonプライム」で、2番目は「dTV」
  • ディズニーやピクサー以外の作品も視聴したい人には、「U-NEXT」「Amazonプライム」「dTV」「TSUTAYA TV」がおすすめ

という結論になりました(2021年5月15日の情報です)。

「ディズニープラス」公式サイトトップ画面

多くののVODは、ディズニーやピクサーなどの作品を見るにはレンタル課金が必要な場合がほとんど!

ディズニープラスで配信されている映画やアニメはほとんどが見放題作品に含まれているため、最初の31日間は実質無料で色々な作品を楽しむことができますよ(一部レンタル課金が必要な作品あり)。

登録も解約も簡単に手続きを進めることができるので、詳しくはこちらの記事でチェックしてみてくださいね。

配信作品のラインナップは?

「Disney+(ディズニープラス)」で配信されているのは、ディズニー・ピクサー・マーベル・スターウォーズ・ナショナルジオグラフィックなどの作品です。

国内・海外ドラマや映画、子ども向け番組などは配信されていないため、物足りないと感じる人も多いかもしれませんね…。

しかし、ディズニーなどの作品を配信しているVODはレンタル課金が必要なことがほとんどなので、無料お試し期間中なら作品を実質無料で視聴することができるというメリットもあります。

「ディズニープラス」オリジナル作品

スポンサーリンク

また、スターウォーズの実写ドラマ「マンダロリアン」や、マーベルの実写ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」など、ディズニープラスの独占配信作品も盛りだくさん!

ちなみに、2歳の我が子が2週間で視聴した作品は以下の通りです。

【2歳の我が子が夢中になってみていた見放題作品】

  • ミッキーマウスクラブハウス
  • ドックはおもちゃドクター
  • くまのプーさん
  • ツムツム

1番のお気に入りは「ミッキーマウスクラブハウス」で、シリーズ1~4まで配信しているので飽きずに見ることができるようです。

テレビで見ながら一緒に数を数えるなど、知育要素盛りだくさんのおすすめ作品になっていますよ!

サービスの使いやすさは?

「Disney+(ディズニープラス)」はパソコンやスマホ・タブレットで視聴可能なので、自宅のどの部屋にいても、外出先でも動画を視聴することができます。

便利さの面ではスマホやタブレットでの使用がおすすめですが、操作性の良さではパソコンの方が作品を検索しやすいです。

※上の画像がパソコン画面、下の画面がスマホのスクショ画面になります。

「ディズニープラス」アナと雪の女王検索結果

「ディズニープラス」アナと雪の女王検索結果

パソコンは画面が大きいため、配信数の多いシリーズ作品も一目で確認することができますね。

私はパソコンで作品を調べてお気に入りに追加しておき、家事などの合間にスマホやタブレットで動画を楽しんでいます。

また、映画は大きい画面で見た方が迫力があるので、Amazon Fire TV Stickを活用してテレビ視聴設定もしました!

テレビでのディズニープラスの見方はこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「Disney+ (ディズニープラス)」の悪いところ

たまに「エラー」が出る

我が家ではAmazon Fire TV Stickを使い、テレビでも動画が視聴できるように設定しています。

「Disney+(ディズニープラス)」の作品を見ているとき、違う番組を見たくて「戻る」ボタンを押すことがあるのですが、その時にエラーが出ることも…。

しかもエラーメッセージが「システムに技術的な問題が発生しており現在ご利用いただけません。」と表示されるので、最初に見たときは大きなトラブルなのかと不安になりました。

以下のような画面が出るので、こんな時は再度「戻る」ボタンを押したり、「ホーム」ボタンを押したりすると普通の画面に戻りますよ。

また、ディズニーシアターはAmazon Fire TV Stick第1世代には対応していませんので、これから購入する予定の人は注意してくださいね。

「ディズニープラス」の視聴推奨環境

読み込みが遅い

私がこれまで、Amazonプライム・U-NEXT・DAZNの動画配信サービスを利用したことがあります。

Disney+ 「(ディズニープラス)」はAmazonプライムと比べるとアプリの起動や、作品を選択した際の読み込みも遅い印象でした。

我慢できないほどの遅さではなく数秒待てば解決できるものなので、見放題作品の多さというメリットから考えると許容範囲かと思われます。

動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」を2週間使った体験レビュー!

良いところ・メリット

2歳の子どもがいる私が感じた「Disney+ (ディズニープラス)」の良いところ・メリットは、

  • 配信されている作品のほとんどが見放題作品(一部レンタル課金が必要な作品あり)
  • 無料お試し期間がたっぷり31日間ある
  • 子どもが楽しめるディズニー・ピクサーのアニメ作品が豊富
  • 実写映画やマーベル、スターウォーズ作品など、大人も楽しめる作品が盛りだくさん
  • 独占配信作品である「マンダロリアン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」はディズニープラスでしか視聴できない
  • スマホやタブレットでも視聴できるため、外出先での子どものぐずり対策にもぴったり
  • Amazon Fire TV Stickなどを使えばテレビでも視聴可能

と盛りだくさんでした。

利用し始めて2週間経ちますが、ほとんどの作品が見放題なので課金は一切していません!

悪いところ・デメリット

動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」の悪いところ・デメリットは、

  • たまに「エラー」が出る
  • 読み込みが遅い
  • スマホだと検索結果画面が見づらい

と、あまりなかったです。

どのデメリットもちょっと気になる程度なので、ディズニープラスは満足度の高い動画配信サービスと言えますね。

感想

  • 総合評価:  ★★★★☆ 4つ
  • 使いやすさ: ★★★★☆ 4つ
  • コスパの良さ:★★★★☆ 4つ
  • ラインナップ:★★★★☆ 4つ

私はこれまでにU-NEXTやAmazonプライムなどの動画配信サービスを利用してきましたが、やはりディズニーやピクサーの作品が見放題なのが一番嬉しいですね。

見放題作品がほとんどなので、2週間利用しても課金することが1度もないというのも入会して良かったポイントだと思います。

最初は子ども向けのアニメを目的に入会しましたが、今では大人も配信作品に夢中です!

お子さんにディズニーなどの作品を見せたい、自分も色々な作品を楽しみたいという人は、ぜひ「Disney+ (ディズニープラス)」を利用してみてくださいね。

まとめ

今回は、2歳児の子育て真っ最中の私が「Disney+ (ディズニープラス)」を3週間使った感想をレビューしてみました。

これまでをまとめると、ディズニープラスは

  • 見放題作品がほとんどなので、レンタル課金しなくても色々な作品が楽しめた
  • 無料お試し期間がたっぷり31日間あるため、期間中なら実質無料で動画を視聴できる(一部レンタル課金が必要な作品あり)
  • 子どもはディズニーアニメ、大人は実写映画やドラマ、オリジナルの音楽番組など家族みんなでサービスを活用できた
  • スマホやタブレットでも視聴できるため、外出先での子どものぐずり対策にもぴったり

とかなり満足度の高いVODでした。

無料お試し期間が31日間とたっぷりあるため、子どもも私もまだまだ色々な作品を楽しめそうです!

ディズニーやピクサーなどの作品をお得に見たいという人は、見放題作品が豊富な「Disney+ (ディズニープラス)」を利用してみましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。