【2020】プレママにおすすめの本を一覧にまとめてみた!初めての妊娠やパパ向けも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!私は0歳の子どもをもつママで、毎日の子育てに奮闘しています。

ママになる前のおひとり様時間を楽しめるラストチャンスとも言える、マタニティライフ。妊娠中にゆっくり読書を楽しみたい!というプレママも多いのではないでしょうか。

もうすぐ始まる育児にわくわくドキドキなプレママ期、安心して我が子を迎えるためにどんな本を読もうかな?

そこで今回は、プレママにおすすめの本を調べて一覧でまとめてみました!

結論から言うと、

  • プレママ・パパも楽しめる内容!妊娠の仕組みが科学的に理解できる「胎児のはなし」
  • 胎児のリアルな成長を、写真でわかりやすく図解「赤ちゃんが生まれる―いのちの冒険旅行」
  • 妊娠中の食生活はもちろん、産後の食生活や離乳食をしっかり予習したい人は『人生で一番大事な 最初の1000日の食事 』
  • もし、子どもを残して余命宣告を受けたら…著者の経験を通して子育てを考える「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。 」
  • 産後の育児ライフをイメージできる!笑いあり、感動ありの育児マンガ「主婦の給料、5億円ほしーー!!!」

ということがわかりました(2020年11月13日の情報です)。

それでは早速、プレママにおすすめの本をチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

お好きなところからお読みください↓

【2020】プレママにおすすめの本を一覧にしてみた!

プレママもプレパパも楽しめる内容!妊娠の仕組みが科学的に理解できる「胎児のはなし」

産婦人科で妊娠中の過ごし方や注意点の指導はあっても、そもそもの胎児の成長について聞けることはそう多くはありません。

なぜお腹の中で胎児が育つのか、羊水はどこから来るのか?など、素朴な疑問がすっきり理解できるのが「胎児のはなし」です。

妊娠の神秘が対談形式で面白く紹介されており、こどもの頃生物や科学に興味にあった人はより楽しく読めますよ!

「胎児のはなし」

  • 著者:最相葉月、増﨑英明
  • 出版:ミシマ社
  • 発刊:2019/1/29
  • 定価:1,900円(税抜)
  • ミシマ社HPより引用

胎児のリアルな成長を、写真でわかりやすく図解「赤ちゃんが生まれる―いのちの冒険旅行」

プレママの方なら一度は、「赤ちゃんは今どんな姿かたちをしているんだろう?」と思いを巡らせることがあるのではないでしょうか。

「赤ちゃんが生まれる―いのちの冒険旅行」なら、胎児の成長を写真で知ることができちゃいます!
ページをめくるたびにお母さんのお腹で大きくなっていく胎児の様子は、なんとも神秘的です。

多少お値段は張りますが、自分が見て楽しむのはもちろん、お子さんが大きくなったらいのちの教育にも役に立ちますよ。

「赤ちゃんが生まれる―いのちの冒険旅行」

  • 著者:ニルス・タヴェルニエ
  • 訳:中島 さおり
  • 監修:杉本 克弘
  • 出版:ミシマ社
  • 発刊:2007/6
  • 定価:2,000円(税抜)
  • ブロンズ新社HPより引用

妊娠中の食生活はもちろん、産後の食生活や離乳食をしっかり予習したい人は『人生で一番大事な 最初の1000日の食事』

妊娠すると「食事はどんなことに気をつけたらいいのかな?」という疑問がつきもの。産後も授乳に適した食事や離乳食など、子育てと食事は切っても切り離せません。

そんなプレママやママの味方となるのが『人生で一番大事な 最初の1000日の食事』です。

育児本というより食事の実用書といった感覚で、子どもの成長に合わせてどこからでも読めます。
なかなか分厚い本ですが妊娠期から幼児期までカバーしているので、産後も重宝しますよ。

『人生で一番大事な 最初の1000日の食事 「妊娠」から「2歳」まで、「赤ちゃんの食事」完全BOOK』

  • 著者:クレア・ルウェリン、ヘイリー・サイラッド
  • 監修:上田 玲子
  • 訳:須川 綾子
  • 出版:ミシマ社
  • 発刊:2019/1/29
  • 定価:1,900円(税抜)
  • ダイヤモンド社HPより引用

もし、子どもを残して余命宣告を受けたら…著者の経験を通して子育てを考える「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」

著者は写真家、元猟師という経歴を持つ二歳児のパパ。ある日ステージ4のがんを患い余命宣告を受けたことをきっかけに、息子に伝えたい話をまとめたのが「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」です。

深いテーマですが、素朴で端的な文体によりスラスラと読めてしまいます。

もし自分が余命宣告を受けたら、自分は何を子どもに残せるだろうか…そんな想像をせずにはいられない一冊です。プレママ期間に読むことで、子育てについてゆっくりと考えるきっかけになるかもしれません。

「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」

  • 著者:幡野広志
  • 出版:PHP研究所
  • 発刊:2018/8/21
  • 定価:1,400円(税抜)
  • PHP研究所HPより引用

産後の育児ライフをイメージできる!笑いあり、感動ありの育児マンガ「主婦の給料、5億円ほしーー!!!」

育児は忙しいというけれど、どんな生活が待っているの?と気になっている方におすすめなのが「主婦の給料、五億円ほしー!」です。

著者は二歳の男の子を育てるワーママ。思うように動いてくれない旦那、まだまだ手のかかる子ども、子育ての理解を得にくい職場、などなど波乱万丈のワーママライフが赤裸々につづられています。

スポンサーリンク

特に、旦那さんとの子育てをめぐるやり取りは痛快で、思わず笑いがこぼれてしまいます。

ママにとっては「あるある!」と共感でき、プレママにとっては来たる育児に向けて心の準備ができるでしょう。育児ストレスがたまった時にも、この本を読んで思い切り笑うとすっきりしちゃいます!

「主婦の給料、五億円ほしー!」

  • 著者:鳥谷丁子
  • 出版:KADOKAWA
  • 発刊:2020/5/21
  • 定価:1,100円(税抜)
  • KADOKAWA HPより引用

初めての妊娠・プレママにはコレ!

妊婦健診では聞けないささいな疑問がすっきり!「妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと」

妊婦健診ではお医者さんに聞きたいことがたくさんあるのにあっという間に終わってしまってなんとなく消化不良だったり、気になることが気になったままだったり…。

そんなモヤモヤを抱えたプレママのために、産婦人科医が診療で伝えきれないことをギュッと詰め込んだのが、「妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと」です。

「胎児の体重は実はおおまか」「出産の痛みは例えると○○」など、プレママにとって興味深い知識が満載です。わかりやすくて面白いので、ギフトにもおすすめですよ!

「妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと」

  • 著者:きゅー
  • 出版:KADOKAWA
  • 発刊:2020/6/16
  • 定価:1,320円(税抜)
  • KADOKAWA HPより引用

赤ちゃんの寝かしつけをしっかり予習したい人は「ママと赤ちゃんのぐっすり本 『夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド』

産後のママが一番育児で苦労すると言われている赤ちゃんの睡眠事情。『ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」 完全解決ガイド』なら、赤ちゃんの睡眠トラブルを解決する様々なノウハウが詰まっています。

著者は乳幼児の睡眠トラブルを解決する「乳幼児睡眠コンサルタント」という眠りの専門家。読み進めると、「赤ちゃんの睡眠ってこんな仕組みなんだ~!大人と全然ちがう!」と、きっと驚きの連続でしょう。

プレママ期間に読んでおくことで、はじめての子育てにも心の余裕が持てちゃいます!

『ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」 完全解決ガイド』

  • 著者:愛波 文
  • 出版:講談社
  • 発刊:2018/6/15
  • 定価:1,200円(税抜)
  • 講談社HPより引用

プレパパ向けのおすすめ本はコレ!

プレママのことを理解したいけれど、何から始めればいいかわからないときは「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本」

「妻の助けになりたいけれど、何から始めたらいいかわからない!」というプレパパにおすすめしたいのが、「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本」です。

著者は人気ドラマ「コウノドリ」のモデルとなった産婦人科医で、軽快な関西弁と共に妊娠、出産について解説されています。マタニティライフの不調について、お産のサポートの仕方など、読み応えたっぷり。

夫婦で協力してお産を乗り越えたい!という方におすすめです。

「嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本」

  • 著者:荻田 和秀
  • 出版:講談社+α新書
  • 発刊:2015/10/21
  • 定価:760円(税抜)
  • 講談社HPより引用

育児のサポートを間接的にリクエストしたいなら「ママにいいこと大全」/主婦の友社

出産を頑張ったママの手助けをしたい!そのための準備をしておきたい!というプレパパにおすすめしたいのが、「ママにいいこと大全」です。

目次をひらくと「うつヌケ」という言葉が並びますが、けして鬱を改善するためだけの本ではありません。

産後のママについての丁寧な解説にはじまり、気分の落ち込みを乗り越える食事、子どもの寝かしつけのコツなど、ママのための情報がつまっています。

特に鉄分強化レシピは簡単でトライしやすく、ぜひプレパパに挑戦してほしい内容です。

「ママにいいこと大全」

  • 著者:主婦の友社 編
  • 出版:主婦の友社
  • 発刊:2020/7/27
  • 定価:1,300円(税抜)
  • 主婦の友社HPより引用

まとめ

今回は、プレママにおすすめの本を一覧でまとめ、はじめての妊娠・プレママ向けの本、プレパパ向けの本も調べてみました。

これまでをまとめると、

  • プレママ・パパも楽しめる内容!妊娠の仕組みが科学的に理解できる「胎児のはなし」
  • 胎児のリアルな成長を、写真でわかりやすく図解「赤ちゃんが生まれる―いのちの冒険旅行」
  • 妊娠中の食生活はもちろん、産後の食生活や離乳食をしっかり予習したい人は『人生で一番大事な 最初の1000日の食事 』
  • もし、子どもを残して余命宣告を受けたら…著者の経験を通して子育てを考える「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。 」
  • 産後の育児ライフをイメージできる!笑いあり、感動ありの育児マンガ「主婦の給料、5億円ほしーー!!!」

ということがわかりました(2020年11月13日時点での情報です)。

本によっては図書館に置いてあるものもあるので、ゆっくり探してみるのもおすすめですよ。

読書の時間で自分を満たし、やがて産まれてくる我が子との生活を思い切り楽しみましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。