「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「リーンボディ」記事タイトル
<PR>

こんにちは。私は2人の子どもをもつママで、最近は体重がなかなか減らないことに悩んでいます。

ダイエットのためは食事管理だけでなく運動もしなければと思っていますが、子どももまだ小さいためジムなどに行く時間はありません。

私のようにダイエットのために運動をしたいと思っていても、小さい子どもがいるためジムなどに通えないと悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?

そんなときに見つけたのが、簡単な質問をするだけで自分にぴったりのフィットネスプランを選択してくれる「リーンボディ」

今回は、「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで解説します。

結論から言うと、

  1. 「リーンボディ」公式サイトにアクセス
  2. アカウントを作成し、プランの選択
  3. クレジットカード情報を入力し、申し込み・登録完了

の3つのステップで申し込むだけなので、登録方法もとても簡単!

150万部の大ヒットを生んだビリーズブートキャンプも配信されており、楽しみながらトレーニングをすることもできますよ。

それでは早速、「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで詳しく解説していきます(2023年10月13日の情報です)!

スポンサーリンク

「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで解説!

小さい子どもがいてジムに通えないお母さんや、新型コロナウイルスの感染予防のために外出を控えていて運動不足を感じている人もいますよね。

そんなときは、お腹引き締めや太もも引き締めなど目的にあったトレーニングを実践することができる「リーンボディ」を活用してみてはいかがでしょうか?

スマートフォン、パソコン、タブレットなどのデバイスから利用できるため、自宅でも本格的なトレーニングを行うことができますよ。
それでは早速、「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで詳しくみていきましょう。

手順1.「リーンボディ」公式サイトにアクセス

まずはじめに、「リーンボディ」公式サイトへアクセスします。

「リーンボディ」公式サイトはこちら

「リーンボディ」公式サイトトップ画面

スポンサーリンク

(引用:https://lp.lean-body.jp/?utm_source=moshimo&utm_medium=affiliate&utm_campaign=2weeks&cid=62d748efb3bb7&p=610357fc2c5fd)

今なら2週間無料で体験できるキャンペーンが実施中なので、右上の「2週間無料体験」をクリックしましょう。

手順2.アカウント作成

「2週間無料体験をはじめる」をクリックするとログイン画面に移動するため、「会員登録」をクリックします。

アカウント作成画面ではメールアドレスとパスワードを入力し、「今すぐ始める」をクリックしましょう。

フェイスブック・Appleのアカウントを持っている場合、メールアドレスなどの情報を入力する手間を省くこともできますよ。

「リーンボディ」アカウント作成画面

(引用:https://lean-body.jp/signup)

手順3.クレジットカードの情報を入力し、申し込み・登録完了

クレジットカード番号などの情報を入力したら「利用規約」を確認し、チェックを入れます。

入力に誤りがないかを確認したら、「14日間の無料体験をはじめる」をクリックして申し込み・登録完了です。

※月額プランで申し込みをしたいときは、「月額プランを14日間無料ではじめる」をクリックしてくださいね。

まとめ

今回は、「リーンボディ」の申し込み手順・登録方法を画像つきで解説しました。

これまでをまとめると、リーンボディは以下の3つのステップで申し込むことができます。

  1. 「リーンボディ」公式サイトにアクセス
  2. アカウントを作成
  3. クレジットカード情報を入力し、申し込み・登録完了

「リーンボディ」のメリットは自宅でも簡単に本格トレーニングを行うことができることなので、小さい子どもがいるお母さんや新型コロナウイルスの感染予防のために外出を控えている人にぴったり!

はじめて入会・登録の場合は2週間無料で体験できるキャンペーンも実施中ですが、このようなキャンペーンはいつまで行っているか分からないため早めに申し込みをするのがおすすめですよ(2023年10月13日の情報です)。

リーンボディは初級者から上級者まで楽しめるトレーニングが盛りだくさんなので、自分にあったトレーニング内容を選んでくださいね。

画像付きの解説を参考にして「リーンボディ」に申し込み、体の悩みを解決しましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。