【コロナ体験談】自宅療養で必要・あると便利なものって何?事前に備えておく物も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!家族4人でコロナ感染し、自宅療養を終えたルルンと申します。

最近はコロナ感染が増え、自宅療養を余儀なくされる方も多いですよね。

だけど、自宅療養の体験談や必要なものって情報が少なかったり、「これ災害の必要物品でしょ?」とトンチンカンな情報も多いです。

そこで今回は、コロナで家族4人が陽性で自宅療養した私が必要な物品やあると便利なものを解説していきます!

結論から言うと

  • 自宅療養となったらまず必要なのは、体温計、パルスオキシメーター、痛み止め薬、おかゆ
  • 常備薬として役に立ったのは痛み止め、トローチ、咳止めシロップ、胃腸薬
  • 重宝した食べ物は生トマト、野菜ジュース、新鮮な果物
  • 事前に揃えておくと良いものは密閉できるゴミ箱(外用・家用)
  • 子どもが一緒なら、おしりふき、子どもカレー、魚肉ソーセージ、熱冷まシートは必須

でした(2021年8月25日)。

それでは体験談も交えながら解説していきますね。

※あくまでも個人的に必要だと感じた物品となりますので、ご自身で確かめた上で必要なものを揃えてください。

スポンサーリンク

【コロナ体験談】自宅療養で必要・あると便利なものって何?

突然自宅療養になっても、何を準備したら良いのやら、わからないですよね。まぁ私もわかりませんでした。

陽性になってしばらくすると、自治体によっては食料を届けてくれる所もありますので、そういったところもうまく活用くださいね。

まず我が家のコロナ感染状況を簡単に解説

  • 家族構成:私39歳、夫40歳、娘4歳、息子2歳
  • ワクチン接種:夫が2回接種済み、私0回
  • 発端:2021年8月8日に保育園から2歳息子が濃厚接触者に判定されたとの連絡
  • 発症:2021年8月11日 私が関節痛と寒気があり、翌朝38.1度の高熱となり、その後娘も微熱が出た
  • 自宅療養期間:2021年8月11日~21日

【神奈川県】自治体から提供された物品も解説

自治体によっては、自宅療養になった時点で用意してくれる物品や食料があります。

神奈川県では以下の物品が届きました(各自治体によって異なるのでお住まいのところでお調べください)。

【神奈川県】自宅療養で送られた物資

  • パルスオキシメーター 大人用・子ども用(大人分:陽性判定から2日後8/16に到着)
  • 常温食品・日用品 1人当たり ごはん20食分、味噌汁、カレー、野菜ジュース、緑茶、ティッシュ、トイレットペーパー(陽性判定から2日後8/16に到着)
  • 冷凍食品 3食分 (陽性判定から3日後8/17から療養終了日まで毎日)

自宅療養で必要・あると便利なものって何?

世の中で出回っている情報って「それって地震とか災害時の物資でしょ?」と思われる情報がコロナ自宅療養の必要物品になっていて、実態とそぐわない情報が多いです。

私は現在、コロナ陽性になって2週間が経ち、いまだに日常生活に支障のある状態は続きますが、少しでもお役に立ちたいと思い体験談を投稿することにしました。

私達家族が実際に10日間の自宅療養を過ごして必要だったものをリストアップしてお伝えしていきますね。

医薬品

  • 体温計
  • パルスオキシメーター
  • 使い捨て手袋
  • 消毒液
  • (喉の弱い方には)ガーゼのマスクを睡眠時に使い捨て使用

コロナの軽症者か重傷者かの判別をするのがパルスオキシメーター、という自治体が多いですね。

神奈川県はレンタルされましたが、到着に時間がかかるので常備しておくことをオススメします!

我が家が使用していたパルスオキシメーターがこちら。


常備薬

  • 痛み止め(私はイブクイック頭痛薬EX使用)
  • トローチ
  • 咳止めシロップ
  • 胃腸薬

我が家御用達のイブクイック頭痛薬DX。

とにかく頭痛や目の痛みがひどくて、後遺症の残る現在も愛飲しています。

病院でコロナ陽性診断をされて処方されたのは「ロキソプロフェン5日分」のみ。最初は解熱や鎮痛の効果があって良いのですが、私にとっては胃への負担が大きく飲み続ける間中、食欲がわきませんでした。

だったので胃腸薬を服用したところ、ようやく食欲がわいてきました。後半になると関節痛よりも頭痛の方がひどかったため、イブクイック頭痛薬DXの方が症状が軽くなった気がします。

食べ物

やはり重要なのは食料ですよね。

神奈川県の場合、毎日3食分がワタミの宅食で送られてきました。

ですが、一番最初に送られてきた常備食に入っていたのはご飯とカレー。「病人、カレー食べれるほど体力ないよ…」という状態で、実家に送ってもらったおかゆをしばらく食べ続けました。

  • おかゆ
  • 野菜ジュース
  • 生野菜(トマト、きゅうりがおいしく感じた)
  • 生の果物(ハウスみかん、ぶどうが手軽でみずみずしくておいしかった)
  • 米など主食(自治体によって提供もあり)
  • パスタ・パスタソース(後半になると、特に子どもは食べ物も飽きてくるのでトマト系の濃い目パスタ)
  • スープ(レンジで温めるだけ)
  • 自治体で食料の支給がない場合には10日間分×3食

新鮮な野菜や果物が、いつもよりも美味しく感じられ、食べる度に元気をもらった感覚があります。

野菜ジュースもさらさら飲めて、レトルト食品だと子どもたちが食べれないものも多かったのですが野菜ジュースで補っていました。

スポンサーリンク


子どもグッズ

お子さんがいらっしゃるご家庭であれば、だいたい持っているものだとは思いますが、急な熱の時には熱さまシートが気持ちよかったようです。

自治体から送られる宅食は大人向けなので、子どもが喜ぶような食料はあったほうが良いです。

我が家だと、キャラクターもののカレーや魚肉ソーセージを常備しておきました。

  • 熱さまシート
  • 子ども用カレー
  • 魚肉ソーセージ
  • おしりふき
  • おむつ
  • 動画配信サービス(我が家はディズニープラス)

食事中の手や口汚れなど、何かと使い勝手の良いおしりふきは多めに用意しておくことをオススメします。

我が家では、子どもは微熱程度で元気いっぱい!

コロナに感染すると、その元気を受け止めるキャパが私にはなかったので、動画配信を見てもらいおとなしくしてもらっていました。地味に有り難い存在でした。

Disney+ (ディズニープラス)

【自宅療養になる前に】事前に備えておくと良い物も解説

事前に揃えておくと良いものとしては、断然ゴミ箱です!

というのもコロナの二次感染を防ぐため、自宅療養期間中はゴミを出しちゃダメ。

自治体によって対応は異なると思いますが神奈川県はそうでしたし、感染拡大を防ぐためには必要な措置だと感じます。

でも10日間もゴミを出さない、というのはなかなかシビレますよね。なので、我が家は密閉できるゴミ箱を駐車場においていました。

設備関連

  • 密閉できるゴミ箱(屋外)
  • 密閉できて匂いにくいゴミ箱(屋内用)

我が家の生ゴミを捨てる手順

  1. 生ゴミをまとめて新聞紙にくるみ、匂いのでない袋に密閉
  2. 上記1.を屋内用の密閉ゴミ箱に入れる
  3. 上記2.の量が満杯になったら密閉して、外の密閉できるゴミ箱に入れる

こういう防臭袋にいれています。

<我が家の屋内用ゴミ箱>

全自動で袋を密閉してくれるので、ラクですよ。

<我が家の屋外用ゴミ箱>

まとめ

今回は、コロナで家族4人が陽性で自宅療養した私が必要な物品やあると便利なものを解説していきました!

まとめると

  • 自宅療養となったらまず必要なのは、体温計、パルスオキシメーター、痛み止め薬、おかゆ
  • 常備薬として役に立ったのはイブクイック頭痛薬EX、トローチ、咳止めシロップ、胃腸薬
  • 重宝した食べ物は生トマト、野菜ジュース、新鮮な果物
  • 事前に揃えておくと良いものは密閉できるゴミ箱(外用・家用)
  • 子どもが一緒なら、おしりふき、子どもカレー、魚肉ソーセージ、熱冷まシートは必須

でした(2021年8月25日)。

これを見ている方は、コロナに感染し自宅療養となった方が多いことと思います。

重症化とならず、回復となりますことを祈っています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。