育児師とは?資格内容や申し込み・登録方法を調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育児師の申し込み・登録方法も調べてみた!

気になるのは育児師・準育児師の登録方法ですよね。

「キッズライン」のホームページを見てみましたが…。

残念ながら、「先行エントリー」のページがあるのみで現在の応募方法は記載されていませんでした!

どうやら大人気で、先行エントリー開始からわずか1週間で745人もの応募があったほどです。

Twitterでも調べてみたんですが、先行エントリーされた方のツイートしか見つからないので、こちらでも現在の登録方法はわかりません。

ですが、先行エントリーもキッズラインのホームページ上で行われているので、今後も応募はキッズラインで行われると予想します。

今は応募受付をしていませんが、育児師・準育児師の資格を取得するためには

  • キッズラインでのシッター実績が10件以上
  • 準育児師の資格を持っている

ことが条件として挙げられているので、まずはキッズラインでシッター登録をしておきましょう。

では、シッターになるための手順をご紹介しますね。

手順1.キッズラインホームページへアクセス

まずはキッズラインホームページ(https://kidsline.me/)へアクセスします。

画面上部にある「シッターになる」もしくは緑色の「ベビーシッターとして働きたい方へ」などをクリックすることで、シッター登録説明会へのページに飛びます。

初めて利用する場合、友達紹介コード欄に「kids_1562229448」と入力すると、サポーターの場合は2,000ポイント、利用者側の場合は3,000ポイントがプレゼントされますよ。

キッズライン公式サイト トップページ

手順2.無料登録説明会の申し込み

無料登録説明会に申し込みます。

「無料登録説明会に申し込む」をクリックした先のページの下部に応募フォームがありますので、そこから情報などを入力します。

キッズライン ベビーシッター 無料登録説明会申し込み画面

キッズライン公式 育児師になるためのステップ:無料登録説明会申し込み画面 応募フォーム

応募フォームで入力する項目は、以下のとおりです。

スポンサーリンク

  • 姓名
  • フリガナ
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 仕事の経験
  • 所持する資格や経験
  • 登録会やセミナー参加のきっかけ
  • 友達紹介コードがある人は友達紹介コード(「kids_1562229448」と入力すると、2,000ポイントがプレゼントされます)
  • 希望の会場

ちなみに、希望の会場の選択肢は

  • 六本木会場
  • 新宿会場

の2つですが、関東以外にお住まいの方はオンライン説明会の対象となりますので、希望の日時を選択してください。

利用規約やプライバシーポリシーをよく読み、同意ボタンにチェックを押すと送信することができます。

もちろん登録を迷っている人は、説明会だけ受けることも可能ですよ!

手順3.座学研修を受け、写真撮影と面談

説明登録会に参加し、座学研修を受けます。

  • キッズラインについて
  • どのようなサービスをしているのか
  • 料金体系
  • シッターとしての心得
  • 安全な保育方法
  • よくある質問
  • クレームへの対処法

などを学んでいきます。

そして、オンラインでシッターと利用者のマッチングをするためには、シッターがどんな人なのか知りたいという保護者は多いはずです。

座学研修が終わった後に、プロフィール用の写真を撮影してもらいます。

それが終われば、職員と1対1での面談をしますので、シッター登録が不安な人は気軽に相談してみましょう。

手順4.実地研修

登録会が終了後、サポータートレーニングと呼ばれる実地研修を受けます。

つまりは、キッズラインでのシッターのデモンストレーショントレーニングです。

  • 実地研修受け入れ家庭から予約を受ける
  • 日時調整をする
  • 実際の子供と触れ合い保育をする
  • サポート後の完了報告を送る
  • 実地研修先の母親からは親目線、トレーナー目線でフィードバックしてもらう

といった流れで行われます。

まとめ

今回は、育児にかかわる新資格「育児師」とはどんな資格内容なのか、申し込み・登録方法はどんなものなのかについて調べてみました。

育児師はホリエモンが名付けた資格で、日本ではまだまだ認知の低いシッターが利用者の信頼を得るために取得する認定資格のことです。

どこが認定してくれるのかというと、今までに70万件以上のシッター実績を誇る「キッズライン」です。

キッズラインは

  • アプリもあり24時間いつでも依頼可能
  • 当日予約もOK
  • 産前産後のケアから平日の朝、土日などのリフレッシュ時間でも受け入れ
  • 病児、感染症があっても対応可能なサポーター

という、オンラインでシッターと利用者をマッチングさせる会社です。

そのキッズラインがシッターの普及化を目指し2019年夏に始めたのが「育児師」「準育児師」という資格を設けました。

育児師になるためには

  • キッズラインでのシッター経験が10回以上
  • 準育児師の資格を持っている

ことが受験資格の要件となります。

現在のところ、「育児師」「準育児師」ともに資格認定の応募方法が公開されていませんので、希望者は先にキッズラインでシッター登録をし、再募集を待ちましょう。

※2019年9月19日時点の情報です。新しい情報が分かり次第更新します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。