【NIPT北海道・青森・秋田・岩手】新型出生前診断をしてるところはどこ?種類や費用を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、皆さんは新型出生前診断(NIPT)という言葉をご存知でしょうか?

NIPTはお母さんの採血から赤ちゃんの染色体異常を調べる検査ことで、出産前から障害の有無を調べることができます。

早産や流産のリスクが少ないので年々検査を受ける人が増えているNIPTですが、どこの病院で受けられるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、北海道・青森・秋田・岩手で新型出生前診断(NIPT)をしてるところはどこ?種類や費用も比較してみました。

結論から言うと

  • 新型出生前診断を実施できるのは北海道で3ヶ所、青森で2ヶ所、秋田で1ヶ所、岩手で1ヶ所
  • 新型出生前診断は検査の種類や病院によって費用が異なる
  • 平石クリニック青森提携院・平石クリニック仙台提携院は「NIPT 平岩クリニック公式HP」より予約することができる
  • しぎはらクリニックは「新型出生前診断 NIPT Japan公式HP」より予約することができる
  • 妊婦さんの年齢制限がなく、1人受診もOKな平石クリニックがオススメ

ということが分かりました(2022年5月20日の情報です)。

それでは早速、北海道・青森・秋田・岩手で新型出生前診断(NIPT)をしてるところを一覧で見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

【NIPT】北海道で新型出生前診断をしてるところはどこ?

新型出生前診断(NIPT)で染色体の異常が見つかった場合、産後に必要な療養・リスクなどについて事前に知ることができます。

しかし、新型出生前診断(NIPT)は全国すべての産婦人科病院で実施できるわけではありません。

今回は、北海道・東北で新型出生前診断(NIPT)をしてるところを調査してみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヒロクリニックNIPT 札幌駅前院

  • 住所:060-0003 北海道札幌市中央区北3条西3丁目1-41 N・北3西3ビル3階
  • 電話番号:0120-169-629
  • 診療時間:10:00~18:00
  • 休診日:月~金曜日
  • 予約方法:ヒロクリニック公式サイトより

北海道大学病院

  • 住所:060-8648 札幌市北区北14条西5丁目
  • 電話番号:011-716-1161
  • 診療時間:9:00~16:00
  • 診療日:火曜日
  • 予約方法:かかりつけの病院より予約、もしくは電話にて予約・問い合わせ

札幌大学附属病院

  • 住所:060-8543 札幌市中央区南1条西16丁目291番地
  • 電話番号:011-611-2111
  • 受付時間:毎週火・木曜日の午後3:00~4:00
  • 診療日:毎週月・金曜日の午後
  • 予約方法:電話にて予約・問い合わせ

【NIPT】青森で新型出生前診断をしてるところはどこ?

平石クリニック青森提携院

東京美容外科 青森院

  • 住所:030-0802 青森県青森市本町1-1-35 ウィローズクラブ 1・2階
  • 電話番号:0120-330-987
  • 診療時間:10:00~19:00
  • 休診日:不定休
  • 予約方法:DNA先端医療株式会社公式HPより

【NIPT】秋田で新型出生前診断をしてるところはどこ?

秋田大学医学部付属病院

  • 住所:010-8543 秋田県秋田市広面字蓮沼44-2
  • 電話番号:018-884-6575
  • 受付時間:9:00~15:00
  • 休診日:土・日曜日、祝日
  • 予約方法:電話にて予約・問い合わせ

【NIPT】岩手で新型出生前診断をしてるところはどこ?

岩手医科大学付属病院

  • 住所:028-3695 岩手県紫波郡矢巾町医大通二丁目1番号
  • 電話番号:019-613-7111
  • 診療時間:8:00~17:00(第1・4土曜日は8:30~12:30)
  • 休診日:第2・3・5土曜日、日曜日、祝日
  • 予約方法:かかりつけの病院より予約、もしくは電話にて予約・問い合わせ

新型出生前診断(NIPT)の種類や費用で比較してみた

新型出生前診断(NIPT)は検査の種類や内容、費用によっても異なるので注意が必要です。

スポンサーリンク

今回は、NIPT 平岩クリニックの検査内容や費用を例にして比較してみたので、検査を受ける病院を決めるときの参考にしてみてくださいね。

【新型出生前診断(NIPT)の比較表】

検査の種類検査の内容基本検査費用
トリソミー検査染色体の数が2本より多いか判定180,000円(税抜)
性染色体検査性染色体に異常がないか判定180,000円(税抜)
全染色体検査1番から22番までの染色体のトリソミー検査210,000円(税抜)
微小欠失検査染色体の微細な欠失を検査230,000円(税抜)
(引用:NIPT 平石クリニック公式HPより)

より詳しく染色体異常を知りたいという人は、全染色体検査や微小欠失検査がおすすめですよ。

「平石クリニック」公式サイトトップ画面
(引用:https://www.nipt-clinic.jp/lp/ad-f/?fmcs=fm.4873f501452be746ee8051383c832ef2)

病院によっては年齢制限などの条件がありますが、平石クリニックは条件が少なく妊婦さん1人でも気軽に受診することが可能!

万が一陽性の場合は病院が羊水検査費用を全額負担するなど、アフターフォローも充実していますよ。

「平石クリニック」はアフターフォローも充実
(引用:https://www.nipt-clinic.jp/lp/ad-f/?fmcs=fm.4873f501452be746ee8051383c832ef2)

まとめ

今回は、北海道・青森・秋田・岩手で新型出生前診断(NIPT)をしてるところや種類・費用も比較してみました。

これまでをまとめると、

  • 新型出生前診断を実施できるのは北海道で3ヶ所、青森で2ヶ所、秋田で1ヶ所、岩手で1ヶ所
  • 新型出生前診断は検査の種類や病院によって費用が異なる
  • 平石クリニック青森提携院・平石クリニック仙台提携院は「NIPT 平岩クリニック公式HP」より予約することができる
  • しぎはらクリニックは「新型出生前診断 NIPT Japan公式HP」より予約することができる
  • 妊婦さんの年齢制限がなく、1人受診もOKな平石クリニックがオススメ

ということが分かりました(2022年5月20日の情報です)。

陽性だった場合の羊水検査やカウンセリングなどのアフターフォローが充実している病院もあるため、子どもの染色体異常も不安を感じている妊婦さんや家族にぴったり!

妊娠が発覚した人・出産を控えている人は、ぜひ新型出生前診断(NIPT)の実施を検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。